あなたの写真やアルバムをもっと輝かせる総合情報サイト

>

高性能で効率的!パソコンの画像加工アプリを使うメリットとは

画像加工アプリで出来ること

画像加工、編集の基本は明るさ、コントラストの調整です。
コントラスト調整とは色調や光の明暗の差を調整することで、コントラストを高めると画像全体がシャープになり、低めると滑らかになります。
ですが高めすぎると色彩が粗くなってしまったり、逆に低めすぎると輪郭がぼやけてしまうことがあるので、適度に調整する必要があります。
また、アプリによっては任意の部分だけにコントラスト調整を施すことのできるものもあるので、用途に合ったアプリを選択しましょう。

他には画像の切り抜き、分解、組み合わせ、ピンボケ修正をして画像を鮮明にするシャープ加工、文字や図形を立体的に改造するエンボス加工、カメラのフラッシュで目の網膜が赤く映った部分を直す赤目補正、色彩加工など、多種多様な加工方法があります。

各種機能の使い分け

デジタル画像を加工する際に使用する、具体的な機能を紹介します。
機能の名前はアプリによって異なりますが、ここではほとんどのアプリに入っている基本的な機能を集めました。

最初に加工を始める際に使用する「選択」という機能は、様々な方法で画像の加工を施す範囲を限定します。
画像の要素を「レイヤー」という機能で分けることで、他の要素に影響を与えることなく加工を施すことができます。
画像の一部を「切り取り」で抜き取って他の部分を除外したり、「マージ」で2つ以上の画像データを一つにまとめたり、「パノラマ化」で広範囲の写真などを一枚の長い画像にしたり、「スライシング」で分割した画像に機能をラベリングしたり出来ます。
「自由変形」や「回転」で思いのままに傾きや向きを変えたりできますが、ソフトによって可能範囲が異なります。
他にも色の加工や特殊効果の付与など、様々な機能があります。


この記事をシェアする