あなたの写真やアルバムをもっと輝かせる総合情報サイト

>

これがあれば大丈夫!世界一のPhotoshop

Photoshopを使うための手順

Photoshopの正式名称はAdobe_Photoshopです。
画像加工アプリの中ではとくに有名で、代表的なものです。
Photoshopで画像の加工を行うことを、フォトショッピングという動詞で言い表すこともあるくらいです。
メインは写真編集で、印刷情報や著作権情報などを付与することも可能です。

Photoshopを利用するには、まず初めにライセンス契約が必要です。
基本は月額980円から利用できますが、様々な料金プランや割引システムもあります。
一か月の無料体験が可能であれば、試してみるのも手でしょう。
写真の加工や編集の他にも、デザイン加工やウェブページの制作などもPhotoshopで行うことができます。
画像のサイズを決める単位やレイヤーの選択設定をしたら、ツールを使って画像を加工してみましょう。

Photoshopのツール

Photoshopには数多くのツールが存在し、それらを用途に応じて使い分け、使いこなすことで真価を発揮します。
レイヤー自体に関するツールには、レイヤーの拡大、縮小、回転のほか、画像全体を拡大、縮小してレイヤーを見えやすくしたり、レイヤーの一部を切り抜いて好きなように加工するものなどがあります。
選択ツールには長方形、楕円形、一行、一列などで限定するものや、ドラッグして線を引き、範囲を決定する投げ縄、多角形などの自由度の高い選択ツールがあります。
また、色が似てる部分をワンクリックで指定し、選択するクイック選択、自動選択ツールもあります。
また、選択した部分を塗りつぶしたり、消しゴムで消したり、あるいは文字を入力したりすることができます。


この記事をシェアする