あなたの写真やアルバムをもっと輝かせる総合情報サイト

>

パソコン初心者がアプリを使いこなすために

アプリの種類と選び方

無料の画像加工アプリは数多くありますが、ここでは代表的なものを紹介します。
Photo_Catはインストール不要でウェブページ上で利用することができ、Photoshopと似てるため、気軽に使えるでしょう。
Fatorはソフトをインストールするタイプのアプリで、コラージュ写真の作成や複数の写真を組み合わせて光の調整を行うダイナミックレンジ合成など、多様な加工が可能です。
画像加工.comは約170のツールがあり、日本語ベースのアプリです。
あとはシンプルなつくりのPictBearや、細かい作業が得意なPhoto_Scapeなどがあります。
他にもたくさんあるので、自分に合った無料アプリを探してみるのも面白いかもしれません。

初心者から脱却するために

無料アプリでも十分画像加工は可能ですが、慣れてくると性能が物足りなくなってくるかもしれません。
Photoshop以外にも有料の高性能な画像加工アプリはあります。
高度な加工を施すことのできるPaint_Shop_Proや、ブラシ、色の機能が充実しているGIMP、初心者向けで簡単なPaint.Netなどがあります。

画像加工アプリに慣れるためには機能を効率的に、最大限活用することが大切です。
例えば加工を施す前にそのレイヤーを複製して保存しておくことで、加工後に比較したり、ミスした場合にすぐに一からやり直すことができます。
また、複製や洗濯などの作業をショートカットキー設定しておくと、さらに効率的に作業をすることができます。


この記事をシェアする